ちゃんと活用出来るチャネリングスキルを身につけられるコースです。チャネリングを通して情報やエネルギーその他を得る技術を身につけ、解読方法、その活用方法を学びます。グループ指導の後の個人指導では、個人個人に独自のやり方をさらに開発していくことでできている実感のあるチャネリングが身につけられます。自己受容の癒しの要素もたっぷりの、ワクワク、幸せ感いっぱいのコースです。
直観(direct knowing)、直感(sensing)を含むチャネリング能力は、世界とのつながりの中での自分を癒し受け入れることで磨くことができる、社会的にも有用な感受性です。どのような仕事でも活用出来る有用な能力として、是非御受けください。思いがけない嬉しい発見があります。講習会の中で、ブロックに気づき手放すことも指導していくので、受講後も自己開発を続けていくことができます。
チャネリングスクールに通ってみたけれど、活用出来るまでに至らないときには、以下のようないくつかの問題点が考えられます。

・ 必要なチャネルに繋がれてない
・ 繋がれているけれど情報を引き出せてない
・ チャネリングした情報を解読できない
・ 情報を活用するすべが思いつかない
・ チャネリングの結果を相手に有益な情報やエネルギーに解釈して伝えられない
・ チャネリングして得られた結果や情報に意味を見いだせない
・ その他個人的な抵抗やブロックなどによって、情報を受け入れられない

また、以下のようにおっしゃられる方はよく聞きます。
・ できていると言われるが、全然出来ている感じがしない
・ 講習中はできたが、終わったらもう分からなくなった
・ ヒーラーやチャネラーとして他の優秀な人達をみて劣等感を感じる
・ どんなことをしてもチャネリングができるようにならない
・ 見えないし、何も感じない、何も聞こえない

このチャネリングコースでは、適切なチャネルに繋がることを可能にする「ライトウィズダムイニシエーション™」をまず最初にお受けいただくことで、より正確で適切な情報やエネルギーにチャネリングできる状態を作り出すところからプログラムが始まります。
その上で、エンパシックコネクション(境界線を持って共感する能力)を身につけ、クライアントさんや相手にとって分かりやすいチャネリングができる基本を学びます。

もともとチャネリングは、十人十色で一人一人やり方が違うのものです。それを皆に合わせようとすることで「できない」、「見えない」、「わからない」という劣等感や不安を引き起こすことがよくあります。このコースの個人指導では、一人一人に独自なチャネリングの特質や個性に寄り添った解釈や活用方法などを学ぶことで、より有効に活用する方法を指導していきます。チャネリングした情報の感じ方は人によって体感的だったり、視覚的だったり、聴覚的だったり、言語によるものだったりと様々なのです。こうした信号や情報を受け止めたり解釈したりするのには、トレーニングと内省、他者からのアドバイスが必要になります。

チャネリングは安全な霊的・エネルギー的セルフプロテクションができ、自他の境界線の認識がある状態で始めて有効なワークとなります。そのため、誰が受講してもそうした状態が確実に確認出来る、リーブスのサイキックプロテクションを受講された方が対象になります。他の方法で行っている場合には、グループ講習ではなく、その方法で安全に行えるように調整したオーダーメイドの個人講習で学ばれることをお勧めします。

このワークには、チャネリング能力の開発に関係した必要なだけの霊の癒しや前世ヒーリングを含む総合的ヒーリングワークと、必要なだけの封印解除などが含まれます。


著作権及び商標について
当サイトで掲載しております、コンテンツは著作権法により保護されています。
講習及び独自のテクニックは商標登録されており、これらの名称を無断で使用することは法律で禁じられております。